スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
つくる(2)
第11回アートマーケットがいよいよ明後日と迫ってきました^^

本業をしながらの活動でなかなか更新ができないブログなのですが、

ceramic birdのアクセサリーが出来上がるまでの流れを少しご紹介したいと思います。

一番最初の始まりは私(岩倉)が陶芸家の新井真之さんにチャリティーの共同製作を

願い出てOKをもらえたことが始まりでした。

それからデザイナーをされていた池辺さとみさんが協力を申し出てくれて、

さとみさんが同じくデザイン関係のお仕事をされている

福岡在住の加治屋 愛子さんを紹介してくれました。

さとみさんはアクセサリーを張り付ける台紙のデザイン・構成全般とそれに載せる

詩を書き、愛子さんはアートマーケットで展示する「14の詩」を書いてくれました。

「14の詩」というのは、震災のあった3月11日を表す意味合いのもので、

さとみさんの提案をもとに、

愛子さんがひとつひとつ日常に目を向けた、温かく素朴な詩を書きだしてくれました。

(今回のアートマーケットでも詩の展示をしますのでどうぞご覧ください)



その他、作業風景です^^


ceramic birdの目印でもある赤いお家の台紙は手作業でカットをしています。




大小さまざまなブローチのパッケージ作業の様子。



先日はアートマーケットへの準備で大分組の3人が集まって作業をしました。

ひたすら台紙をカットしてくれるさとみさん、

ひたすらペンダントの紐を結んでパッケージする新井さん、

こうして、メンバーの協力のもと準備万端になりました。

先月に追加製作もして新しいカタチや色も増えていますので、

アートマーケットでは展示の様子も見て愉しんでいただけると思います。

2011年 9月17日(土)

☆第11回アートマーケット 場所:荷揚町アートプラザ

時間10:00〜17:00 アートプラザ2F

ceramic birdのチャリティーアクセサリーは

新井真之atelier antennaの合同ブースで展示販売いたします☆

(ブース場所は2F会場入り口入って右手、支援アーティストオレクトロニカさんの

お隣です)





つくる(3)に続く・・・





製作風景 - -
つくる(1)

4月のある日、新井さんの工房で製作に取り掛かりました。

お互いのスケジュールを合わせるのが難しいので、1日は貴重な時間となります。

その為、1回の製作でかなりの集中力が必要ですね・・・と話しつつ、

その日は午後2時頃から製作スタートして、

少し休憩もとりましたが、今日はここまで・・・と、時計をみたらすでに日付が変わっていました。



長時間だったので、合間にいろいろ話しながら製作しました。

自分達の仕事を通じて、日々思うことに共通のことが多くありました。

粘土を捏ねて、作って、焼いて、販売する・・・やりがいや愉しさのこと。

自営業の大変さ。

私も新井さんも、自分が自営業を始めたことによって、

苦労することで教わったこと、また愉しさから得たことが沢山あったという

共通の気持ちがあることが嬉しかったです。

それから他業種の、農家や酪農、漁業をする人達のこと、

今回の震災関連で仕事を失ってしまった人達のこと。

いろいろなことについて触れ、話しながら、今仕事があるありがたさ、

こうやって陶芸を通じて貢献していきたいという気気持ちがより強くなりました。




今回の製作では、普段と変わらない姿勢で向かいたいと話していて、

いつもと同じで1つ1つ、丁寧に作っています。

その日は400個ほどのおうちを作ることができました。

素焼きが上がって、釉薬をつける作業を後日しました。

またその様子は後ほど・・・(つづく)






製作風景 - -
| 1/1 |